メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

3大メーカーじゃなくても爆裂ヒット! 石を投げれば当たるほど売れまくった国産車5選

情報提供:カートップ

3大メーカーじゃなくても爆裂ヒット! 石を投げれば当たるほど売れまくった国産車5選

時代の流れを掴みスマッシュヒットとなったクルマたち

 今では個性の時代で価値観や好みも分散して、ひとつのクルマに人気が集中するというのはあまりなくなってきたが、その昔はいろいろとあった。

トヨタ日産ホンダと紹介してきたが、今回はマツダをはじめとしたその他のメーカーを見てみよう。そもそもマツダ、スバル、スズキあたりになると、メーカー規模が小さいだけにたくさんはないが、それでもヒット作はいくつかある。

1)マツダ・ファミリア

 FRの小型車として登場しつつ、それまでの三輪自動車、軽自動車メーカーからの脱却のきっかけともなったのが、ファミリア。ロータリーを積んだり、レースでも活躍するなど、それなりにヒットしていたが、大ヒットとなったのが1980年に登場した5代目で、初めてのFFとなったモデルでもある。

売れまくったクルマ

 FF2ボックスという世界的な新時代感、直線基調のクリーンなデザインなどが受けた理由だが、なかでも赤いファミリアは、サーファー、そして陸サーファーにも人気が出た。なぜ赤かは不明だが。ちなみに赤ばかりが今では話題になるが、当時は青などもよく見かけたもので、大ヒットを受けて第1回のカー・オブ・ザ・イヤー大賞車に輝いている。

売れまくったクルマ

2)スズキ・初代アルト

 47万円でお馴染みの初代アルト。ポイントは実質は乗用を想定しつつも、後席を固定するなどして商用扱い、つまりボンバンにしたこと。助手席側のカギ穴がないなど、徹底的にコストを削減して47万円を実現しつつ、商用車だから税金も安いということで大ヒット。オカーちゃんの足グルマとして大いに支持された。

売れまくったクルマ

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  2. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  3. 米軍燃料流出、131件日本側に知らされず 開示文書では環境への影響「Yes」
  4. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  5. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです