メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

的川博士の銀河教室

537 火星探査車「オポチュニティー」

活躍15年、ついに力尽きる

 米航空宇宙局(NASA)はさる2月13日、火星の表面を移動しながら約15年にわたり活躍してきたローバー(探査車)「オポチュニティー」(図)の活動を終えたと発表しました。昨年6月、大規模な砂嵐(すなあらし)に巻(ま)き込(こ)まれ、休眠(きゅうみん)状態に陥(おちい)った後、復旧させようとしたのですがかなわなかったようです。オポチュニティーは、設計寿命(じゅみょう)が3カ月と言っていましたので、すでに十分すぎるほど活動しています。

 オポチュニティーが、双子(ふたご)の探査車「スピリット」とともに、火星の表面に降り立ったのは、20…

この記事は有料記事です。

残り1275文字(全文1555文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
  2. トランプ氏、首相とのゴルフ直前にツイート「ゲーリー大好きだ」
  3. 学校ストライキ 「学校行ってる場合じゃない」 地球守れ、世界180万人参加
  4. 首相、トランプ氏「令和初国賓」にこだわり 大相撲観戦アイデアも
  5. 藤井七段が小6の弟弟子に負けちゃった 故郷で12人と同時対局 「鋭い攻めうまい」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです