メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読む写真

Photo 福島・南相馬 常勤医の決断

外来診療で患者の大室了有さん(右)と談笑する藤井宏二医師=福島県南相馬市小高区の市立小高病院で2019年2月22日、宮武祐希撮影

 「3月いっぱいで辞めることになりまして」。福島県南相馬市小高区の市立小高病院で唯一の常勤医、藤井宏二医師(63)=写真奥=が切り出した。風邪で訪れた大室了有さん(68)は「ここに来ると診察だけでなく世間話もできたのに、寂しい」と惜しんだ。

 藤井医師は2016年4月、東京電力福島第1原発事故で閉鎖され14年に再開した同病院に着任。京都第二赤十字病院(京都市上京区)勤務時に、阪神大震災(1995年)の被災地で治療に当たった経験から「東北の人の役に立てれば」と単身赴任した。病院には損…

この記事は有料記事です。

残り364文字(全文606文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いじめられていないんやな」前校長が「否定迫る」 神戸の教諭訴え

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  4. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

  5. 北大、脅迫メールで「金葉祭」中止を発表 イチョウ並木ライトアップのイベント

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです