メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇室

皇太子さま59歳に寄せて 学者として水問題なお探究 英留学「兄弟子」川勝・静岡知事

ピーター・マサイアス氏の教えで、研究に励む英国留学時代の浩宮さま(現在の皇太子さま)=英オックスフォードの文書館で(宮内庁提供)

 23日に59歳を迎えた皇太子さまは、記者会見で水問題の研究に言及された。テーマは、環境や貧困、災害など多岐にわたる。同じ英国の経済史学者に学んだ「兄弟子」である静岡県知事の川勝平太さん(70)に研究者としての皇太子さまの歩みを聞いた。

 --知事が英オックスフォード大で師事したピーター・マサイアス教授(故人)が皇太子さまの英国留学時(1983~85年)の指導教官でした。

 ◆マサイアス先生が「オックスフォードとロンドンの陸上交通」と「テムズの水運」の二つの研究テーマを提…

この記事は有料記事です。

残り633文字(全文869文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一時閉鎖した「明るい廃虚」のピエリ守山が超人気スポットに再生した理由

  2. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

  3. 反社会的勢力の定義困難「お困りであれば警察に」 16日午前の菅官房長官会見詳報

  4. 桜を見る会 官僚「のらりくらり答弁」の背後に何があるのか

  5. 注目裁判・話題の会見 細いながらもつながっていた父と子…ある出来事が引き金に 長男刺殺の元農水次官、16日午後判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです