メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eye

一歩ずつ、共に 交通事故の脳障害専門病院

「子供会の廃品回収があるらしいよ」。ベッド脇に座り、マッサージしながら美枝子さんに声をかける久世健二さん。健二さんは見舞いに来ている間、ずっと話しかけていた=岐阜県美濃加茂市で2019年1月

 「今日は恵那山が見えるかな」。中部療護センター(岐阜県美濃加茂市)のベランダで、久世健二さん(83)は妻三枝子さん(78)に話しかけた。恵那山のふもとは三枝子さんの古里。「刺激を与えるのが一番と思って」と言葉をかけ続けていた。

 独立行政法人「自動車事故対策機構」が運営する同センターは、交通事故で脳に障害を負い、自力移動や摂食ができない「遷延(せんえん)性意識障害」の患者のための専門病院。脳を刺激するなどのリハビリを行い、原則最長3年間入院できるのも特徴だ。

 三枝子さんは2014年、岐阜県内で事故にあい、意識不明の重体になった。転院を繰り返し、同センターに…

この記事は有料記事です。

残り705文字(全文986文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  2. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  3. なぜ相次ぐ有名人の薬物事件 背景にプレッシャー?

  4. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  5. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです