メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

らっこ・ライブ・レビュー

挟間美帆 80年の時空をつなぐ

 作編曲者として指揮をする挟間美帆自身が、まさしく「ダンサー・イン・ノーホエア」だった。“今までにない地平に立つ踊り手”。それは、今話題になっている新作のタイトルでもある。しなやかに手を動かす挟間の指の先には、彼女が「私のホームです」と呼ぶm_unit(エムユニット)がいた。13人からなるジャズラージピースは、弦楽四重奏が重要な役割を占めており、今回は金子飛鳥(vln)が加入したことで、ジャズエッセンスが強化されていた。挟間が、“室内楽ジャズ”と呼ぶその音楽は、当て書きで演奏家を想定して書かれている。サム・アニング(b)とジェイク・ゴールドバス(ds)がわざわざニューヨークから来日したため、佐藤浩一(p)を含…

この記事は有料記事です。

残り463文字(全文771文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌女児衰弱死 猫13匹を母親宅で保護 交際相手宅でも8匹 ガリガリに痩せ数匹治療中 保護団体
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 札幌・死亡の2歳女児、やせ細り濃いあざ 「ママー」の泣き声も 児相「48時間ルール」守らず
  4. 飼料から禁止薬物 JRA、15、16日東京、阪神、函館出走予定の156頭競走除外
  5. 札幌女児死亡 道警面会に児相同行断る 「行くべきだった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです