メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長寿番組

まじめにふざけて30年 「世界まる見え!テレビ特捜部」

「世界まる見え!テレビ特捜部」の25日放送回の収録の模様。(左から)岩田絵里奈アナウンサ-、所ジョージ、ビートたけし=東京都内で、屋代尚則撮影

 日本テレビ系の長寿番組の一つ「世界まる見え!テレビ特捜部」(月曜午後8時)が、今夏で放送開始から30年目に入る。世界各地から寄せられた、笑って楽しめる映像や驚きの瞬間の映像を紹介する番組は多いが、硬派なドキュメンタリー映像も取り上げるのが同番組の特徴だ。時代の変化に合わせ、今後どのような番組を目指すのか。【屋代尚則】

 今月上旬、東京都内のスタジオで「戦慄(せんりつ)の瞬間2時間SP」(25日放送、午後7時)の収録が…

この記事は有料記事です。

残り918文字(全文1128文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです