メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

日本人学校と反移民

 夏も終わりに近づいた昨年8月下旬、娘が通うウィーン日本人学校に突然、市役所から通知が来た。私立学校の外国人教員は独語検定C1(大学生程度)に合格する必要があるというのだ。学校で流ちょうに独語を話せる教員はほとんどいない。「最悪の場合、閉校になるかも」。保護者の間で懸念が広がった。

 2015年に難民らが大勢流入したオーストリアでは「反移…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文424文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  3. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. れいわ新選組の舩後氏が初当選 重度身体障害者の新人 特定枠1位

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです