メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校入試

県立高出願状況 全日制倍率は1.04倍 前年度比0.01ポイント減 /青森

 県教委は22日、県立高校入試の出願状況を発表した。全日制(54校)は、定員8243人に対し、出願者数は8587人。倍率は1・04倍(前年度比0・01ポイント減)となった。

 倍率が最も高かったのは、八戸工・土木建築科建築コースの2・27倍。定員に達しなかったのは、田子・普通科(倍率0・11倍)など34校45学科あった。

 定時制(9校)は、定員600人に270人が出願し、倍率は0・45倍(同0・05ポイント減)。特別支援学校(15校)は定員302人に264人が出願し、倍率は0・87倍だった。

この記事は有料記事です。

残り221文字(全文468文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 次亜塩素酸水 手指消毒の有効性は「未確認」 政府答弁書

  2. 新型コロナ感染者「ゼロ」は岩手、鳥取の2県 理由を探ってみた

  3. ホームセンター、居酒屋、理美容店など営業認める 東京都が休業要請先公表

  4. 殺菌効果は半永久 ウイルスの不活性化を早める銅繊維シート開発 新型コロナ

  5. 緊急事態 警察「宣言出ていますよ」呼びかけ止まり 外出だけで職質はできず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです