メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新品種米

期待ふっくら 候補「秋系821」、県議会で試食会 「あきたこまち」より高評価 /秋田

 新潟県の「新之助」や青森県の「青天の霹靂(へきれき)」など各地で相次いで誕生したブランド米。2018年産米から国の生産調整(減反)政策が廃止され、米の主要産地は消費者向けにアピール合戦の様相を見せている。米どころの秋田では、あきたこまちの看板の大きさもあって新品種米開発の出遅れ感が否めなかったが、今年に入って県が新品種候補の選定を終えた。22日、県議会農林水産委員会で議員向けに新品種米の試食会が開かれた。【山本康介】

 22日に県議会棟であった試食会。出席した議員の中には農業を営む人もいたが、炊きたてのコシヒカリとあ…

この記事は有料記事です。

残り1034文字(全文1295文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48加藤美南、不適切な投稿を謝罪「しっかりと反省」 研究生に降格処分も発表
  2. 元NGT山口さん放送に「チャンネル変えて」 投稿の加藤美南さん降格、全メンバーSNS停止
  3. 滋賀県が個人住所特定できる資料誤公表、ヤフコメで発覚
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 不適切動画 すき家店員「くびかくご」店内で氷投げ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです