メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

盲導犬

手話劇団舞台に さいたまのユーザー・桜井さんとともに きょうから日本橋で公演「ふたり・で」 /東京

 聴覚に障害がある人とない人が一緒に活動する手話劇団「は~とふる・はんど」(渋谷区)の第18回公演「ふたり・で」が23、24日、中央区日本橋室町1の三越劇場で行われる。公演には、視覚と聴覚に障害を持つさいたま市のマッサージ師、桜井洋子さん(62)がパートナーの盲導犬「スカイ」(雌8歳)とともに出演。同劇団によると、現役の盲導犬が舞台に立つのは、世界でも珍しいという。【山寺香】

 「ふたり・で」は、テレビプロデューサーの石井ふく子さんが監修し、劇団を主宰する女優の山辺ユリコさん…

この記事は有料記事です。

残り684文字(全文923文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. 日本悲願の8強、アジア初 スコットランド破りA組1位 世界ランキング過去最高7位に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです