特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

春に挑む・国士舘センバツへ

選手紹介/5 鎌田州真内野手(1年) 課題の守備練習に力 /東京

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
素振りをする国士舘の鎌田州真内野手=東京都多摩市で、川村咲平撮影 拡大
素振りをする国士舘の鎌田州真内野手=東京都多摩市で、川村咲平撮影

 <第91回選抜高校野球>

 1年生ながら184センチの長身が目を引く大型遊撃手。高校初の公式戦となった秋の大会で「今まで感じたことがない緊張感」を味わったというが、決勝で試合を決定づける3点適時三塁打を放つなど、打率、打点ともチームトップ。「勝負強い打撃ができた」と納得の成績を残した。

 中学時代にU15(15歳以下)日本代表入り。しかし、入学当初は先輩たちのレベルの高さに驚いた。「特に守備は、中学までの動きが全く通用しなかった」と振り返る。

 スムーズな捕球と送球を習得するため、池田泉コーチから「足を止めるな」と繰り返し指導を受けている。改善点を忘れないようノートに書き留め、課題の守備練習に励む。

 親元を離れ、洗濯や掃除を自分でこなす寮生活。半年あまりが過ぎ、徐々に慣れてきた。たまの休日はチームメートとカラオケに出かける。十八番はサザンオールスターズの「栄光の男」や「涙のキッス」と渋い一面も。試合の前日は寮や練習場の周辺でごみ拾いをして、心を落ち着かせている。【川村咲平】=つづく


 右投げ左打ち▽身長184センチ▽体重73キロ▽出身・グランフレール

関連記事

あわせて読みたい