メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岐阜市

来年度当初予算案 一般会計1721億円 9%増、過去最大規模に 「柴橋カラー」強調 /岐阜

 岐阜市は22日、一般会計で過去最大の1721億円(前年度当初予算比9%増)となる2019年度当初予算案を発表した。18年2月に就任した柴橋正直市長による初の本格予算で、「子どもファースト」「観光振興」「中心市街地活性化と都市基盤整備」「広域連携」「シティプロモーション」を重要施策と定め、若手職員の意見も盛り込んだ「柴橋カラー」を強調する内容となった。【高橋龍介】

 記者会見した柴橋市長は「岐阜が躍動する予算案」と名付けた。歳入のうち借金にあたる市債は、前年度当初…

この記事は有料記事です。

残り1891文字(全文2124文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  3. 防犯チラシを西宮署が回収 「女性に責任あるような表現だ」と苦情寄せられ
  4. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
  5. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです