メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

脳卒中

患者の再就職を パソコンや通勤リハビリ訓練、オフィス街に施設 名古屋 /愛知

 脳卒中などで障害が残った人の再就職をサポートするリハビリ施設「リハス」が昨年10月、名古屋市中区丸の内のオフィス街に開所した。「もう一度、働きたい」と社会復帰を望む人たちが実践的なトレーニングに励んでいる。

 センター長を務める作業療法士の藤田聖純(せいじゅん)さん(34)が、インターネットで資金援助を募るクラウドファンディングで資金を集めるなどしてオープンした。藤田さんは専門学校卒業後、春日井市の病院で脳卒中患者らのリハビリを担当。30~40代の働き盛りの患者を多くみたが、勤労世代の再就職率は4割にとどまっていた。

 リハスはエレベーターを備えたビルの5階にある。広さ約90平方メートルのフロアには訓練用のパソコンやベッドなどを設置。障害者総合支援法に基づく補助が適用され、通所者は原則1割負担で利用できる。

この記事は有料記事です。

残り353文字(全文710文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロンドン市長選候補「東京五輪代替開催の用意」 新型肺炎で中止を想定

  2. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  3. 「それ誘拐かも?!」愛知県警、投稿者に警告 小中学生の神待ちツイート後絶たず

  4. クルーズ船の乗客2人死亡 新型コロナ感染確認の80代の男女

  5. 東京マラソン 約7億円の参加料はなぜ返せないのか 新型肺炎で一般参加中止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです