メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

脳卒中

患者の再就職を パソコンや通勤リハビリ訓練、オフィス街に施設 名古屋 /愛知

 脳卒中などで障害が残った人の再就職をサポートするリハビリ施設「リハス」が昨年10月、名古屋市中区丸の内のオフィス街に開所した。「もう一度、働きたい」と社会復帰を望む人たちが実践的なトレーニングに励んでいる。

 センター長を務める作業療法士の藤田聖純(せいじゅん)さん(34)が、インターネットで資金援助を募るクラウドファンディングで資金を集めるなどしてオープンした。藤田さんは専門学校卒業後、春日井市の病院で脳卒中患者らのリハビリを担当。30~40代の働き盛りの患者を多くみたが、勤労世代の再就職率は4割にとどまっていた。

 リハスはエレベーターを備えたビルの5階にある。広さ約90平方メートルのフロアには訓練用のパソコンや…

この記事は有料記事です。

残り399文字(全文710文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 死者40人、不明19人に 毎日新聞まとめ

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

  5. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです