メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

脳卒中

患者の再就職を パソコンや通勤リハビリ訓練、オフィス街に施設 名古屋 /愛知

 脳卒中などで障害が残った人の再就職をサポートするリハビリ施設「リハス」が昨年10月、名古屋市中区丸の内のオフィス街に開所した。「もう一度、働きたい」と社会復帰を望む人たちが実践的なトレーニングに励んでいる。

 センター長を務める作業療法士の藤田聖純(せいじゅん)さん(34)が、インターネットで資金援助を募るクラウドファンディングで資金を集めるなどしてオープンした。藤田さんは専門学校卒業後、春日井市の病院で脳卒中患者らのリハビリを担当。30~40代の働き盛りの患者を多くみたが、勤労世代の再就職率は4割にとどまっていた。

 リハスはエレベーターを備えたビルの5階にある。広さ約90平方メートルのフロアには訓練用のパソコンや…

この記事は有料記事です。

残り399文字(全文710文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
  5. 宮迫さん契約解消 終息の「落としどころ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです