メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

結婚式場

妊娠中の挙式提案 助産師とスタッフがサポート 新婦の心身ケア、予算相談も 伊勢 /三重

 妊娠したからといって結婚式や披露宴を見送らないで--と、伊勢市の結婚式場が、ベテラン助産師を含むスタッフが妊娠中の新婦をサポートする挙式プランを提案している。妊娠、出産、結婚という人生の一大イベントを一度に迎え、予算やスケジュール、新婦の体調管理に不安を抱えるカップルが対象。式場スタッフと助産師のチームがベストな「マタニティーウエディング」を企画する。【尾崎稔裕】

 プランを提案している「FOLK FOLK」(伊勢市神田久志本町)によると、挙式に適したタイミングは、おなかの大きさが目立ち始める直前の妊娠6カ月ごろ。妊娠がわかる3カ月ごろから、2~3カ月間で挙式準備をする必要があるという。スタッフたちは「新婦の心身ケアとスケジュール、予算面の相談を丁寧に受けていきたい」と話している。

この記事は有料記事です。

残り755文字(全文1100文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです