メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
子どもは社会の鏡

行き過ぎ指導、危機意識を

 <ぐるっと兵庫・大阪・京都 学ぶ・育つ・挑む>

部活動で精神的苦痛

 2月1日、仙台高裁で、岩手県立盛岡一高のバレーボール部顧問だった男性教諭の暴力や暴言が原因で精神的苦痛を受けたとして、元部員の男性とその両親が、県などを相手に計約200万円の損害賠償を求めた民事訴訟の控訴審判決がありました。仙台高裁は、県に20万円の支払いを命じた1審の判決を変更し、40万円を支払うよう命じました。この判決の日、私は傍聴に行きました。

 1審の盛岡地裁判決では、体育教官室という閉鎖された室内において、1対1で一方的かつ威圧的に厳しく叱…

この記事は有料記事です。

残り1234文字(全文1494文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  5. クローズアップ 日韓軍事情報協定破棄 対話不発 韓国見切り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです