阿波踊り

よみがえる 県内で撮影、戦前の白黒無声動画見つかる 徳島、企画展で公開 /徳島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
戦前に着物に身を包んで阿波踊りを楽しむ女性たちの映像=徳島県立文書館提供
戦前に着物に身を包んで阿波踊りを楽しむ女性たちの映像=徳島県立文書館提供

 1933(昭和8)年ごろ県内で撮影された阿波踊りなどの映像が見つかり、県立文書館(徳島市八万町向寺山)の企画展「新収蔵の古写真 ふりかえる昭和の徳島」で公開されている。4月21日まで。踊り方や衣装などから、阿波踊りの変遷をうかがい知ることができる。文書館によると、戦前の徳島が映った映像は珍しいという。【大坂和也】

 映像は約14分の白黒無声動画。羽ノ浦町(現・阿南市)でバス会社を経営していた故・高山武一さんが16ミリフィルムで撮影。過去に譲り受けた親戚の文書館職員、岩崎麻美さん(63)=阿南市羽ノ浦町=が提供した。

この記事は有料記事です。

残り565文字(全文825文字)

あわせて読みたい

注目の特集