九州新幹線

長崎ルート トンネル工事で諫早の川水量減少 鉄道・運輸機構、住民側に代替水源対策を説明 /長崎

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 九州新幹線長崎ルートの久山(くやま)トンネル建設工事の影響で、諫早市多良見町井樋ノ尾(いびのお)地区の川の流量が大幅に減った問題を巡り、工事を進める鉄道・運輸機構は21日、代替水源対策の進み具合について住民に説明した。【足立旬子】

 機構によると、掘削した3本目の井戸で一定量の水が出たため、くみ上げ能力を確認した上で、3月下旬から配水を目指す方針を説明した。4本目の井戸のボーリング調査…

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文487文字)

あわせて読みたい

ニュース特集