メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇室

皇太子さま59歳 5月の即位控え心境 「共に喜び、悲しみ 象徴の務めを果たしたい」

誕生日を前に記者会見される皇太子さま=東宮御所「檜の間」で2019年2月21日、佐々木順一撮影

 皇太子さまは23日、59歳の誕生日を迎えられた。これに先だって住まいの東宮御所で記者会見し、5月の天皇即位を控えた心境を「とても厳粛な気持ちになりますが、国民に常に寄り添い、人々と共に喜び、あるいは共に悲しみながら、象徴としての務めを果たしたい」と述べた。

 会見は21日にあり、皇太子として最後の機会となった。皇太子さまは次代の象徴天皇像について「憲法の規定に思いを致し、望ましいあり方を求め続けることが大切であるとの考えは、今も変わっていません」と述べる一方、「その時代時代で新しい風が吹くように、皇室のあり方も時代によって変わってくると思います。求められる皇室のあり方を追い求めていきたい」と抱負を語った。

 退位する天皇陛下への思いを「(天皇の)あるべき姿について全身全霊をもって模索をしてこられた」と語り…

この記事は有料記事です。

残り429文字(全文785文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  2. 名古屋 車庫に男性遺体 パチンコ台メーカー社長

  3. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  4. 「中村さんを守り切れず悔しかったと思う」 銃撃で犠牲の警備員遺族が涙

  5. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです