メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

浦島太郎は竜宮城で開けてはならぬ玉手箱をもらうが…

 浦島太郎は竜宮城で開けてはならぬ玉手箱をもらうが、竜宮の伝説では実にさまざまなものが客人に授けられる。仏教の経典、宝珠(ほうじゅ)、仏舎利(ぶっしゃり)、太刀などだが、そういえば孫悟空(そんごくう)が如意棒(にょいぼう)を得たのも竜宮であった▲昔話には竜宮に招かれた男がはなたれ小僧をもらって帰り、金持ちになる物語もあった。「竜宮童子」と呼ばれる説話で、裕福になった男があまりに汚い小僧が嫌になって追い帰すと、たちまち元の貧乏に逆戻りするという話である▲さて、こちらのリュウグウは何を授けてくれたのか。すべては地球に帰ってのお楽しみということらしい。小惑星探査機「はやぶさ2」が着陸、弾丸を発射しての岩石の破片の採取にも成功したものとみられる小惑星リュウグウだ▲「はやぶさ」といえば奇跡の地球帰還を果たした初代の感動が胸に刻まれている。だが今度は約3億4000万キロかなたの半径3メートルの目標への着陸という難事をこともなげにやってのけた。離れ業をそれと思わせぬ技術の向上である▲数秒間の着陸後に再び上昇した「はやぶさ2」は、今後、金属体を地表にぶつけて人工的なクレーターを作り、地中の岩石の採取にも挑む予定という。それらリュウグウからの贈り物の入った玉手箱の地球への帰還は来年の末になる▲地球の生命の起源といわれる小惑星の水や有機物だが、リュウグウから採取された物質に謎を解くかぎは含まれているのだろうか。宝珠や如意棒よりはなたれ小僧の起源に注目したいリュウグウみやげだ。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕
    2. 丸山氏、衆院理事会の聴取欠席 「2カ月の休養必要」という診断書提出
    3. 信長の肖像画、竹の紙に描かれていた 文化庁調査で判明 6月に豊田で特別公開
    4. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
    5. ホテルルートイン 益田に きょう開業 /島根

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです