メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国民民主党・自由党

合意1カ月、進まぬ合流 支持伸びず、機運減退

 国民民主党の玉木雄一郎代表と自由党の小沢一郎共同代表による両党の合流合意から22日で1カ月になった。国民民主党内では反発が根強く、両党首の意欲をよそに調整は進んでいない。

 小沢氏と国民民主党の平野博文幹事長は22日、国会内で合流に向けた政策を協議した。終了後、小沢氏は「来週には合意できるかなという感じだ」と自信を示したが、合流の成否に関しては「国民民主党が主に判断することだ」と突き放した。

 玉木、小沢両氏が合流で一致したのは1月22日。その後、両党は衆参両院で統一会派を結成し、政策協議を続けているが、小沢氏が目指す合流交渉の早期決着の見通しはついていない。

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文608文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  3. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  4. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  5. CAEBV 娘奪った病気知って 感染判明まで1年超 声優・松来さんの両親、難病指定訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです