メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バチカン

聖職者性的虐待、根絶へ 対策協議、法王試される「本気度」

フランシスコ・ローマ法王(手前中央)や各国の司教の代表者らが集まった「未成年者保護会議」=バチカンで21日、ロイター

 【パリ賀有勇】カトリック教会の聖職者による子供への性的虐待事件の相次ぐ発覚を受け、ローマ法王庁(バチカン)で21~24日、各国の司教の代表者ら約190人が対策を協議する「未成年者保護会議」が開かれている。歴代法王が手をこまねいてきた問題に取り組むフランシスコ・ローマ法王の「本気度」が試されている。

 特定の問題を話し合う司教会議は異例。初日の会議の冒頭、法王は「正義を求める幼い者の叫びに耳を傾けよう」と呼びかけ、会場には被害者の証言映像が流された。15歳から13年間にわたり聖職者から性的虐待を受けたアフリカの女性は、計3回の妊娠中絶を強いられた経験を語った。

 米CNNによると、聖職者による性的虐待に関する告発は1950年ごろから始まり、85年には米国の神父が37人の少年への性的虐待を認め、注目された。その後、世界各地に問題が飛び火し、隠蔽(いんぺい)工作も発覚したことにより、バチカンは「見て見ぬふりをしてきた」と批判された。

この記事は有料記事です。

残り1261文字(全文1679文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女湯侵入容疑で広島県職員を逮捕 化粧し女性用かつら着用

  2. 自民岸田氏「更なる経済対策が必要」 3次補正審議中、異例の言及

  3. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  4. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです