メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ベネズエラ

ブラジル国境閉鎖 治安部隊と衝突、1人死亡

記者会見で人道支援物資搬入に自信をみせるベネズエラの野党国会議員、ガビ・アレヤーノ氏(前列中央)=コロンビア北部ククタで2019年2月21日、山本太一撮影

 【ククタ(コロンビア北部)山本太一】独裁色を強める南米ベネズエラのマドゥロ政権は21日、野党側が計画する人道支援物資の搬入を防ぐため、軍などを派遣しブラジルとの国境を閉鎖した。AP通信によると、国境のベネズエラ側で22日朝、治安部隊と衝突した先住民族のグループの女性1人が死亡、複数が負傷した。地元首長の話として伝えた。

 一方、暫定大統領就任を宣言した野党指導者グアイド国会議長の呼びかけに応じ、在外高官らが政権から離反する動きが続いている。グアイド氏が支援物資搬入を予告する23日を前に、緊張が高まりつつあるようだ。

この記事は有料記事です。

残り499文字(全文759文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「検査数少なく正確な評価困難」 在日米大使館が「予測困難」と米市民に帰国促す

  2. 政府、収入減世帯に30万円給付へ 7日にも閣議決定

  3. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

  4. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  5. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです