メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

シリアに200人残留へ 完全撤収から方針転換

 【ワシントン共同】米ホワイトハウスは21日、声明を出し、米軍のシリア撤収後も、しばらくの期間、米兵200人からなる「小規模の治安維持部隊」をシリア内に残す方針だと明らかにした。ロイター通信が報じた。

 トランプ大統領が昨年12月に発表した際は、米軍2000人の完全撤収だったが、方針転換した。トランプ氏の決定に米国の議員や軍高官、同盟国から「拙速」と強い批判や懸念が出ていたことが理由とみられる。

 トランプ氏は今月15日、シリアに関し「24時間以内」に重大発表があると予告。16日にはツイッターで…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文518文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです