メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

社会的孤立への処方箋=中央大教授・宮本太郎

 社会的孤立という問題が各国で政策課題として浮上している。英国では昨年、孤立担当相が任命されて話題となった。背景には、知人と話す機会が月に1回以下の高齢者が20万人に及ぶという現実がある。孤立は高齢者だけの問題ではない。英統計局の調査は、65歳から74歳までの年金生活者より、16歳から24歳の層のほうが強い孤立感を抱えていることを示した。ネット依存が孤立を生む。

 孤立のコストは大きい。米国の心理学者ホルトランスタッド氏によれば、孤立によるストレスなどの健康への悪影響は1日15本のたばこを吸うことに相当する。英国の経済ビジネス調査センターは、孤立の広がりによって、医療費だけで7400億円以上、経済の活力低下などを合わせると年間4・9兆円のコストがかかると計算する。

この記事は有料記事です。

残り372文字(全文707文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ワクチン接種「成否は支持率に直結」 マイナンバー活用の新システム、突貫工事に懸念

  2. 名古屋市の救急医療ピンチ 搬送中に心肺停止状態も 愛知県が専門チーム

  3. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  4. 首相、コロナ医療体制の不備を陳謝 予算組み替えには応じず

  5. 「大変な時期に」 旭川医大、コロナ巡り学長と対立の病院長解任 関係者に衝撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです