東日本大震災

実習生、災害危険区域に居住 宮城・南三陸の工場

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東日本大震災で津波被害に遭い、宮城県南三陸町が今後も浸水の恐れがあるとして「災害危険区域」に指定した土地にある水産加工会社の工場に、複数の外国人技能実習生が居住している。同町は22日「危険な場所に住まわせるのは問題だ」として、居住場所を変えるなど安全を確保するよう会社に要請した。

 町によると、工場は同町歌津泊浜の漁港のすぐ近くにあり、海抜は…

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文430文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集