メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2

高精度着陸、47回訓練実る 失敗重ね課題300

記者会見で笑顔を見せる津田雄一プロジェクトマネジャー(左)と佐伯孝尚プロジェクトエンジニア=相模原市で2019年2月22日午前11時59分、渡部直樹撮影

 「本日、人類の手が新しい小さな星に届きました」。宇宙航空研究開発機構(JAXA)の探査機「はやぶさ2」が22日、小惑星リュウグウへの着陸に成功したのを受け、チームを率いる津田雄一プロジェクトマネジャーは記者会見の冒頭、高らかに宣言した。わずか半径3メートルの目的地へのピンポイント着陸を完璧にやってのけた陰には、40回以上も積み重ねた本番さながらの訓練があった。【池田知広】

 22日午前7時48分。JAXA宇宙科学研究所(相模原市)管制室のモニターに、はやぶさ2が着陸後に浮…

この記事は有料記事です。

残り616文字(全文854文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アニメ「エヴァンゲリオン」制作会社に放火予告 容疑で岡山の無職男逮捕

  2. スバル、群馬で完成車生産停止 部品調達先に浸水被害

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです