メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇室

皇太子さま59歳 多様性認める世に 両陛下の「慈しみ」感謝

59歳の誕生日を迎えられた皇太子さまと皇太子妃雅子さま=東宮御所で17日(宮内庁提供)

 「おそばで学ばせていただいた幸せを改めてかみしめている」。皇太子さまは59歳の誕生日を前にした記者会見で、象徴のあり方を求め続けた天皇陛下と皇后さまへの感謝の思いを語られた。代替わりまで約2カ月。平成の30年間を振り返るとともに、国民と共にある皇室を引き継ぐ強い覚悟がにじんだ。【稲垣衆史】

 会見は東宮御所の「檜の間」で21日午後4時に始まった。皇太子さまは、事前通告の5問とその場で募った3問の質問に、30人の記者の顔を見渡しながらゆっくりと語りかけるように言葉を選んだ。

 両陛下への気持ちを尋ねられると、天皇家で初めて親元で育てられたことに触れ、「温かい家庭において慈しみを受けながら育てていただき、音楽やスポーツの楽しみ、留学といった得難い経験が大きな糧となっている」と話した。

この記事は有料記事です。

残り1547文字(全文1890文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  2. 大阪のタワマン29階から男性転落死 警視庁が詐欺容疑で家宅捜索中

  3. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  4. 与党、国会延長せず失態逃げ切り 野党批判回避狙う 2次補正成立急ぐ

  5. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです