メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

津波前「生」の記憶1万枚 大阪で写真展

東日本大震災の被災地・宮城県山元町で見つかった写真をボードに並べる大学生たち=大阪府吹田市で2019年2月22日分、幾島健太郎撮影

 東日本大震災(2011年3月)で津波に流された写真のうち、引き取り手が見つからなかった約1万枚が23、24両日、大阪府吹田市の「ららぽーとEXPOCITY光の広場」で展示される。持ち主に写真の返却を続けるボランティア団体「思い出サルベージ」代表で関西大助教の溝口佑爾(ゆうじ)さん(35)が大阪大などと企画。激しく傷んだ写真を通じ、被災地の「生(せい)」の記憶を伝える試みだ。

 溝口さんらは震災1カ月後から、宮城県山元町で津波で流されたアルバムや写真を拾い集めて洗浄。約80万…

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文540文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです