メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

津波前「生」の記憶1万枚 大阪で写真展

東日本大震災の被災地・宮城県山元町で見つかった写真をボードに並べる大学生たち=大阪府吹田市で2019年2月22日分、幾島健太郎撮影

 東日本大震災(2011年3月)で津波に流された写真のうち、引き取り手が見つからなかった約1万枚が23、24両日、大阪府吹田市の「ららぽーとEXPOCITY光の広場」で展示される。持ち主に写真の返却を続けるボランティア団体「思い出サルベージ」代表で関西大助教の溝口佑爾(ゆうじ)さん(35)が大阪大などと企画。激しく傷んだ写真を通じ、被災地の「生(せい)」の記憶を伝える試みだ。

 溝口さんらは震災1カ月後から、宮城県山元町で津波で流されたアルバムや写真を拾い集めて洗浄。約80万…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  2. 滋賀・名神高速事故 被害者の身元判明 奈良県の女性会社員ら
  3. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕
  4. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  5. 新幹線「N700S」が時速360キロ 東海道で過去最高速度

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです