メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

津波前「生」の記憶1万枚 大阪で写真展

東日本大震災の被災地・宮城県山元町で見つかった写真をボードに並べる大学生たち=大阪府吹田市で2019年2月22日分、幾島健太郎撮影

 東日本大震災(2011年3月)で津波に流された写真のうち、引き取り手が見つからなかった約1万枚が23、24両日、大阪府吹田市の「ららぽーとEXPOCITY光の広場」で展示される。持ち主に写真の返却を続けるボランティア団体「思い出サルベージ」代表で関西大助教の溝口佑爾(ゆうじ)さん(35)が大阪大などと企画。激しく傷んだ写真を通じ、被災地の「生(せい)」の記憶を伝える試みだ。

 溝口さんらは震災1カ月後から、宮城県山元町で津波で流されたアルバムや写真を拾い集めて洗浄。約80万枚を回収し、約45万枚は持ち主に返した。残りは町の施設に保管しており、探しに訪れる人が絶えないという。

この記事は有料記事です。

残り250文字(全文540文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. 台東区の病院、都内で最大のクラスターに 都「院内感染で拡大、濃厚」

  5. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです