メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

戸田恵梨香

大原櫻子へのビンタに「緊張した」

映画「あの日のオルガン」の公開記念舞台あいさつに登場した大原櫻子さん(左)と戸田恵梨香さん

 女優の戸田恵梨香さんと大原櫻子さんが23日、東京都内で開かれたダブル主演映画「あの日のオルガン」(平松恵美子監督)の公開記念舞台あいさつに登場。大原さんが戸田さんからのビンタを受けるシーンについて「一番緊張した」と明かすと、戸田さんは「今までもビンタや蹴りは経験があったんです。(本物でなく)芝居での話ですよ。でも相手は男性で、女性に対してビンタは初めてだから緊張した。変な当たり方をしたらどうしようとか……」と振り返っていた。

 大原さんは「自慢ですよ。戸田さんからビンタを受けるなんて」と笑うと、戸田さんは恥ずかしそうに「やめてください」と即答していた。

 舞台あいさつには、お笑いコンビ「ココリコ」の田中直樹さんと平松監督も出席。田中さんの印象を聞かれた戸田さんは「テレビで拝見しているよりもっともっとスマート。(田中さんが演じる)脇本さんの格好をされていると、爽やかな色気を放出されていてすてきだな」と答え、田中さんは「予想外の返答が来た!」と照れ笑いをしていた。

 映画は、第二次世界大戦末期に園児と保母が集団で疎開した疎開保育園の実話に基づいている。防空壕(ごう)に避難する生活が続く1944(昭和19)年、東京都品川区の戸越保育所では、保育士の板倉楓(戸田さん)や野々宮光枝(大原さん)らが疎開先を探し、埼玉の荒れた寺で疎開生活を始めるが、保育士と園児たちに空襲の影が迫り……というストーリー。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  3. 防犯チラシを西宮署が回収 「女性に責任あるような表現だ」と苦情寄せられ
  4. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
  5. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです