メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

勤労統計調査方法変更「自分が…」元首相秘書官の言い分 首相は“われ関せず”か

加計疑惑と統計不正 首相と秘書官の主張は?

 毎月勤労統計で結果の下振れを防ぐために調査方法を変更したのは、首相官邸の意向だったのか――。首相秘書官として厚生労働省に変更を働きかけた中江元哉氏(現財務省関税局長)も、安倍晋三首相自身も、国会で野党の追及に否認を繰り返している。加計学園の問題でも、秘書官だった人物が「首相の意向」を否認した。これら政府側の説明を信じるなら、首相秘書官は上司たる首相の意向と無関係に動き、首相も「われ関せず」で報告も聞かないらしい。【中川聡子/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り2550文字(全文2778文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「半年後、生きているだろうか?」医療者に忍び寄る不安 職員3割が「燃え尽き症候群」

  2. 大阪府の感染状況は「緊急事態宣言級」 専門家が憂う最悪の事態とは

  3. 吉本新喜劇の元座長、船場太郎さん死去 81歳 大阪市議会議長も務め

  4. 大阪で新たに383人感染 3日連続300人超 新型コロナ

  5. 京大の時計台記念館を学生が“占拠” 職員とトラブル、機動隊出動し一時騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです