メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「くねるタコ足」害鳥退散 廃材利用し79歳が開発 宮崎

ユニークな野鳥追い払い機と開発した六反田さん=重春次男撮影

 農作物を食い荒らし、洗濯物や太陽光パネルにふんを落とすカラスやスズメを撃退しようと、宮崎県都城市花繰町の電気工事業、六反田(ろくたんだ)至さん(79)らがユニークな野鳥追い払い機を開発した。

 六反田さんは自家用に麦や米を栽培。これまで種まきや収穫期に度々、害鳥の食害に頭を悩ませてきた。そこで市内の同業者、福島義政さん(80)とともに独自の追い払い機の製作に乗り出…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文459文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 菅原経産相 新たに香典疑惑 「事実ならアウト」自民党内にも進退問う声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです