メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「くねるタコ足」害鳥退散 廃材利用し79歳が開発 宮崎

ユニークな野鳥追い払い機と開発した六反田さん=重春次男撮影

 農作物を食い荒らし、洗濯物や太陽光パネルにふんを落とすカラスやスズメを撃退しようと、宮崎県都城市花繰町の電気工事業、六反田(ろくたんだ)至さん(79)らがユニークな野鳥追い払い機を開発した。

 六反田さんは自家用に麦や米を栽培。これまで種まきや収穫期に度々、害鳥の食害に頭を悩ませてきた。そこで市内の同業者、福島義政さん(80)とともに独自の追い払い機の製作に乗り出…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文459文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「第5のがん治療」光免疫療法 世界に先がけ承認 期待と課題は

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  4. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

  5. 札幌で最多46人感染 芸能事務所でクラスター「メンバー体調不良でもイベント」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです