メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

核廃絶へ政治動かせ モデルはICAN、広島の若者らが始動

インターネット電話「スカイプ」を使い、打ち合わせをする「カクワカ広島」のメンバーたち=広島市中区で2019年2月13日、高山梓撮影

 核兵器廃絶のためにあなたは何をしますか――。被爆地・広島の若者たちが、幅広く国会議員に核政策を尋ねて公表する活動を始めた。今夏の参院選も見据え、このほど団体を結成。核兵器禁止条約の採択に貢献し、ノーベル平和賞を受賞した国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)」をモデルに政治に働き掛ける取り組みだ。メンバーは「活動を全国に広げ、条約への署名・批准に反対姿勢の日本政府を動かしたい」と話す。【高山梓】

 発足したのは「核政策を知りたい広島若者有権者の会(カクワカ広島)」。昨年12月、中区のカフェ経営、安彦(あびこ)恵里香さん(40)ら県内の10~40代の約10人で作った。きっかけは同年1月のベアトリス・フィン・ICAN事務局長の広島訪問だった。

この記事は有料記事です。

残り608文字(全文936文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  2. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  3. ハートマークの数で分類 感染者出たススキノ店舗名 札幌市の内部資料が流出

  4. 新型コロナ 京都の保育士ら、新たに27人感染 府内903人に /京都

  5. 大阪・吉村知事のうがい薬使用呼びかけに苦情殺到 府に1日で450件

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです