メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外羽生善治九段が歴代最多1433勝 大山康晴に並ぶ

核廃絶へ政治動かせ モデルはICAN、広島の若者らが始動

インターネット電話「スカイプ」を使い、打ち合わせをする「カクワカ広島」のメンバーたち=広島市中区で2019年2月13日、高山梓撮影

 核兵器廃絶のためにあなたは何をしますか――。被爆地・広島の若者たちが、幅広く国会議員に核政策を尋ねて公表する活動を始めた。今夏の参院選も見据え、このほど団体を結成。核兵器禁止条約の採択に貢献し、ノーベル平和賞を受賞した国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)」をモデルに政治に働き掛ける取り組みだ。メンバーは「活動を全国に広げ、条約への署名・批准に反対姿勢の日本政府を動かしたい」と話す。【高山梓】

 発足したのは「核政策を知りたい広島若者有権者の会(カクワカ広島)」。昨年12月、中区のカフェ経営、…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
  3. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  4. サラリーマン川柳 サラリーマン川柳、今年の1位発表 「五時過ぎた カモンベイビー USAばらし」
  5. ペイペイ不正利用 愛知県警が全国初摘発 PCなど詐取 容疑で栃木の男逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです