メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がん薬物療法の手引き 県立静岡がんセンターが作成

説明書は、写真や図を交えて副作用の症状や対処法を分かりやすくまとめている=2019年2月21日、五味香織撮影

 抗がん剤などがんの薬物療法に伴う副作用と対処法を患者や家族が学べる説明書を、静岡県立静岡がんセンターが作成した。がん治療の中心が入院から通院に変わりつつある中、自宅でも適切な判断や対応ができるよう手引きするのが目的で、同センターで実施する約300種の薬物療法のうち70種をカバーした。25日から同センターのウェブサイト(https://www.scchr.jp/information-prescription.html)で公開する。

 説明書は消化器、呼吸器、皮膚科の3分野で、一つの療法ごとに冊子にしてある。個々の薬について製薬会社…

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文600文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 働く高齢者、年金上乗せ 65~70歳 保険料納付翌年から 厚労省提案

  5. GPIF理事長を減給処分 「女性と関係」内部通報、監査委員に報告遅れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです