メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みなとみらいにロープウエー 20年開業目指す 桜木町駅と運河パーク結ぶ

桜木町駅と新港ふ頭を結ぶロープウエーの完成イメージ図=横浜市提供

 横浜市のみなとみらい21地区でロープウエー「YOKOHAMA AIR CABIN(仮称)」の敷設計画が進んでいる。2020年の東京五輪・パラリンピック開催前の開業を目指しており、観光振興をはじめ、ウオーターフロントへのアクセスや回遊性の向上が期待される。

 事業者は、同地区で観覧車などがある遊園施設「よこはまコスモワールド」を運営する泉陽興業(大阪市浪速区)。17年度に横浜市が公募した臨海部の新交通サービス事業「まちを楽しむ多彩な交通」にロープウエー導入を提案し、先月、鉄道事業法に基づく索道事業の許可を受けたことで計画が具体化した。

 泉陽興業によると、計画ではJRと市営地下鉄が乗り入れる桜木町駅前と新港ふ頭の運河パークの2カ所の停留所を循環式の索道で結び、8人乗りのゴンドラ計36基を運行。ゴンドラにはエアコンを完備し、車いすにも対応する。停留所間の距離は約630メートルで、所要時間は昼間で約3分。夜間は夜景をゆっくり楽しめるよう減速することも検討する。現在はボーリング調査とルート調整を実施中で、今春にも着工し、20年7月ごろ…

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文825文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. ディエゴ・マラドーナさん死去 60歳 サッカー界の「レジェンド」

  3. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. サッカーJ1川崎が最速リーグV 2年ぶり3度目 勝ち点など記録ずくめ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです