メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

加納実紀代さん死去 78歳 女性史研究家 「銃後史ノート」

出版記念パーティーであいさつする加納実紀代さん=川崎市で2018年11月17日(加納実紀代さん提供)

 加納実紀代さん78歳(かのう・みきよ=女性史研究家、元敬和学園大特任教授)22日、膵臓(すいぞう)がんのため死去。本人の遺志で葬儀は行わない。「女たちの現在を問う会」の一員として、戦時に女性が戦争に加担したことに着目した「銃後史ノート」を1976年から約30年かけて10巻刊行。女性史研究のパイオニ…

この記事は有料記事です。

残り77文字(全文227文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. ネパール隊がK2の冬季登頂に初成功 世界第2の高峰

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです