メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「一発屋」ではない証明 原、自国で表彰台まであと一歩

フリースタイルスキーW杯田沢湖大会第1日(23日、たざわ湖スキー場)

 幾多の頂上決戦で表彰台に歩みを進めてきた21歳の原は、自国開催のW杯であと一歩届かなかった。「ミスをしてしまったので、納得できるスコア。悔しいの一言」。感想は明快だったが、不完全燃焼をうかがわせた。

     「成績よりリラックス」と臨んだ決勝2回目。体のこわ張りは解けているはずだったが、ミスが出た。第1エアは着地点が少し左にずれた。巻き返しを狙った第2エアも着地が乱れ、「雪が急に軟らかくなった」と、雪質の変化に対応できなかったことを反省した。

     平昌五輪では日本男子フリースタイルスキーで初めての五輪メダルに輝き、時の人となった。今季はW杯と世界選手権でも表彰台に上り、決して「一発屋」ではないことを証明してきた。だが「エアの難易度を上げなければ世界とは戦えない」と自覚する。軸をずらしての3回転や、伸身後方1回宙返り2回ひねりを視野に「点数を出すエアをやりたい」と飛躍を見据えた。【芳賀竜也】

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
    2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
    3. イチロー引退会見「野球が楽しかったのは94年まで」一問一答(その3)
    4. 札幌で雪 冬に逆戻り 24日まで気温低く
    5. 佳子さま 「結婚は当人の気持ち重要。姉の希望かなう形に」 宮内記者会の質問回答全文

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです