英国のウィリアム、ヘンリー両王子夫妻が来日へ ラグビーW杯日本大会に合わせ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 今年9~11月に開かれるラグビーワールドカップ(W杯)日本大会に合わせて、英国王室のウィリアム王子(36)とキャサリン妃(37)、ヘンリー王子(34)とメーガン妃(37)の両夫妻が来日する計画が進んでいる。大会名誉総裁を務める秋篠宮さまをはじめ、皇室もラグビーとのゆかりは深く、実現すれば「ロイヤルファミリー」のそろい踏みが大会に花を添える。

 日本政府関係者が明らかにした。ウィリアム王子は2015年に来日したが、夫妻で来日すれば初めて。ヘンリー王子は初来日となる。

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文510文字)

あわせて読みたい

注目の特集