メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アプリ開発

詐欺抵抗力を診断 特性理解し被害防止へ 青森大など /青森

 あなたはどんな詐欺に注意が必要か--。青森大など4大学の研究者が中心となり、だまされやすい特殊詐欺のタイプを診断できるアプリを初めて開発し、21日に青森市内で開いたシンポジウムで公開した。高齢者らに自分の特性を理解した上で被害の防止につなげてもらうのが狙い。【岩崎歩】

 アプリ名は「サギ抵抗力しんだ~ん」。スマートフォンやパソコンからアプリを開き、「自分は詐欺に遭わない自信があるか」「電話が鳴ったらすぐに受話器を取るか」など83の質問に答える。すると、オレオレ詐欺、還付金等詐欺、架空請求詐欺、融資保証金詐欺の四つの種類ごとに、「安心」「…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 顔面やけどのGLAY・TERU、イベント欠席をメンバーイジる 本人は謝罪の手紙も…
  2. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  3. 弱気?なニューヒーロー朝乃山 前日の栃ノ心戦、ネットの辛辣な言葉「記憶に残る」
  4. 朝乃山が初優勝、三役未経験では58年ぶり 栃ノ心は大関復帰
  5. 躍進の炎鵬関 事故死した「兄」しこ名に 白鵬がスカウト

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです