メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 被災者証言を映画に 新宿などで来月公開 /東京

 東日本大震災発生から8年となるのを前に、東京電力福島第1原発事故で被災した14人の証言を収めたドキュメンタリー映画「福島は語る」が3月2~15日、新宿区新宿3のケイズシネマで公開される。

     長年パレスチナ問題を取材してきたジャーナリストの土井敏邦監督が、パレスチナ取材の合間を縫って、2014年4月から4年間かけて製作した。原発事故で被災した約90人の被災者にインタビューし、うち14人の証言を収録。原発事故後に幼い子どもたちを連れて福島から新潟に自主避難した母親は避難生活の葛藤を語り、事故後に全国からの注文が激減した米農家の男性は「この思いをぶつけるところがない」と心情を吐露した。

     土井さんは「福島の人の心の傷は全く消えていない。人生を奪われた人たちの怒りと絶望を忘れてはいけない」と話している。

     映画は渋谷区円山町1のユーロスペース(3月9日~)、横浜市中区のシネマ・ジャック&ベティ(3月9~22日)でも上映される。一般2000円(前売り1400円)。問い合わせは、きろくびと(info@kiroku-bito.com)。【川上珠実】

    〔都内版〕

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
    2. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
    3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
    4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
    5. 新天地へ・日ハム本拠地移転 /上 札幌ドームに強い不満 自由な経営選択 /北海道

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです