メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・旅する・みつける

神奈川・鎌倉 やぐら 崖の岩肌、横穴3000基超 /東京

中世建造の歴史遺産

 神奈川県の古都・鎌倉を歩くと、寺院の境内や山道沿いの崖の岩肌にポッカリと口を開けた横穴を目にする。「やぐら」と呼ばれ、中世(鎌倉・室町時代)鎌倉の姿を今に残す歴史遺産だ。僧侶や武士らの墓や、寺院の宗教施設だったようだが、未解明な部分が多い。鎌倉の寺を巡った。【長谷川隆】

 鎌倉市教委文化財課の鈴木庸一郎担当課長によると、「やぐら」は3000基以上あるという。鎌倉時代後期の13世紀末ごろから室町時代中期の15世紀中ごろの建造らしい。その起源は不明だが、中国にある洞窟状の宗教施設「石窟寺院」との関連を研究者が指摘している。僧侶がお互いに行き来する中、石窟寺院の情報が鎌倉に持ち込まれ、やぐらとして“進化”した可能性がある。

 また、鎌倉は平地が少なく、三方が山に囲まれている。そんな地形もやぐらの普及に役立った。寺院建立の際…

この記事は有料記事です。

残り1437文字(全文1808文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 嵐・櫻井翔、4・30『news zero』拡大版で有働由美子と改元の瞬間を生中継
  2. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  3. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  4. 年金運用 損失14兆円 世界株安、過去最大に 昨年10~12月
  5. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです