メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みのひだフォーカス

研究会が「美濃和陶器膳」 外国人向け、大ぶりに 日本の食文化伝え販路拡大へ /岐阜

 美濃和陶器研究会(多治見市)が、外国人向けに「美濃和陶器膳」を開発した。大柄な外国人の体格に合わせ、従来より大ぶりの和食器と膳に仕上げた。五輪開催などで訪日外国人の増加が見込まれる2020年を見据え、美濃焼や日本の食文化を知ってもらい、販路開拓につなげたい考えだ。【岡正勝】

 「美濃焼を多くの外国人に見て、触って、知ってもらいたい」。14日、県庁の発表会で、美濃焼伝統工芸品協同組合の佐々木辰二理事長(67)が力説した。

 佐々木理事長が発表した外国人向けの美濃和陶器膳「一献三菜」は、「わび・さびを感じる」をコンセプトに…

この記事は有料記事です。

残り1101文字(全文1362文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  2. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  3. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです