メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伊賀上野・城下町のおひなさん

華やぐ旧城下町 筒井景春の人形など1500体 /三重

筒井景春の人形などが並ぶ旧沖森邸=三重県伊賀市上野中町で、衛藤達生撮影

 伊賀市中心部の町家や商店など約50カ所にひな人形約1500体を飾るイベント「伊賀上野・城下町のおひなさん」が23日に始まり、旧城下町が華やいでいる。正倉院御物の木画写しを制作するなど活躍した人形師・筒井景春の人形も間近で見ることができる。3月3日まで。

 筒井景春は藤堂藩のお抱え鎧(よろい)師の次男で、1956年に87歳で亡くなるまで、同…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 行き場のない「核のごみ」 国内最終処分、議論も始まらず
  2. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  3. 大阪市立科学館 リニューアル リアルな星空を再現 高性能の投影機話題に /大阪
  4. 被爆遺構の本格発掘始まる 広島平和記念公園内
  5. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです