メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学生ビジネスプランコンテスト

努力賞に立命大生ら 「持続可能な開発目標」を議論 /京都

 学生の支援活動をしている一般財団法人「学生サポートセンター」(東京都)が主催する「学生ビジネスプランコンテスト」の入選作品の表彰式がこのほど京都市下京区であった。全国の大学などから応募があったビジネスのアイデア94作品の中から19作品が表彰された。【関野正】

 優秀賞を獲得したのは、「段差昇降車椅子」を考案した大阪電気通信大学の山下泰裕さん(22)と加藤昂亮(こうすけ)さん(21)。車椅子のタイヤに注目し、前輪、駆動輪、転倒防止輪の三つを工夫することでスムーズに段差を乗り越えることができるようにした。賞金20万円が贈られた。

 努力賞(賞金5万円)を受賞した立命館大学の戸簾(とみす)隼人さん(21)ら4人のグループは「持続可…

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文671文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  5. 見る探る 東京駅で出会ったナミビア人についていったら 台風、被災地、そして「歴史的試合」は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです