メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと人

赤間硯作家 日枝敏夫さん /山口

伝統工芸、守る責任強く 日枝敏夫さん(72)

 「喜びよりも赤間硯(すずり)を守る責任が一層強くなった」。昨年、県指定無形文化財(工芸技術部門)保持者と認定され、思いを新たにした。

 県内の保持者は萩焼、鷺(さぎ)流狂言など10人。近く市制100年を迎える宇部市では初の快挙だが、業界は後継者不足に悩んでいる。「まだ、引退するわけにはいかん」。農業の他、赤間硯生産協同組合代表理事、市選管委員長などの要職をこなしながら日々、硯の制作に励む。

 20歳の時、2代目の父玉峯(ぎょくほう)に師事した。工房「玉峯堂」の硯の特徴は、シンプルに研ぎすま…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文568文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
  3. 吉本興業 宮迫博之さんとの契約解消
  4. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  5. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです