メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豊島の産廃問題

地下水汚染 2カ所で排水基準を再び超過 監視期間短縮、困難に /香川

 産業廃棄物の不法投棄があった豊島(土庄町)の処分地で、地下水の汚染状況が排水基準を下回って1年経過後に2年をたたずして、再び基準を超過した地点が2カ所あったことが、23日分かった。2023年3月と約4年後に迫った産廃特措法の期限に向け、関係者が排水基準達成後のモニタリング(環境監視)期間を2年から1年に短縮することを模索していたが、厳しい状況となった。

 高松市内で23日にあった「第6回豊島処分地地下水・雨水等対策検討会」(中杉修身座長)で示された。

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文487文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番で警官刺され拳銃奪われる 犯人は逃走 大阪・吹田市
  2. 札幌女児衰弱死 猫13匹を母親宅で保護 交際相手宅でも8匹 ガリガリに痩せ数匹治療中 保護団体
  3. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  4. 暴言 女性教諭、児童に「ぶち殺す」 「アホ」「バカ」も
  5. 暴言 支援学級担任が「色気付きやがって」 生徒不登校に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです