メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
米中首脳会談

来月にも 知財で対立続く

 【ワシントン中井正裕、北京・赤間清広】米中両政府はトランプ大統領と習近平国家主席による首脳会談を、3月にも米南部フロリダ州にあるトランプ氏の別荘で開く方向で調整に入った。トランプ氏は3月1日に迫る通商協議の期限延長も示唆しており、貿易戦争の決着は両首脳の直接交渉に委ねられる見通しだ。

 トランプ氏は22日、習主席の特使として中国側交渉団を率いて訪米した劉鶴副首相とホワイトハウスで会談、首脳会談開催の方針を表明した。米中は21日からワシントンで開いていた閣僚級協議の予定を24日まで…

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文607文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本一の超高層ビル建設、森ビルが計画発表 2023年に330メートル

  2. ORICON NEWS 『天気の子』興行収入100億円を突破 日本映画では『君の名は。』以来3年ぶり

  3. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

  4. 河野外相“フェイクニュース”に不快感 日韓会談前、記者に「キヤノン? ニコン?」

  5. 「表現の不自由」考 「従軍慰安婦はデマ」というデマ 歴史学者、吉見義明氏に聞く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです