メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ストーリー

医者志望ラガーマンの挑戦(その1) W杯8強にトライ

昨年11月3日のニュージーランド戦で相手選手をかわしながらライン際を突進する福岡=東京・味の素スタジアムで、藤井達也撮影

 土で汚れた「桜のジャージー」(ラグビー日本代表ユニホーム)が、戦いの激しさを物語っていた。昨年11月3日、4万人を超える観客で膨らんだ東京・味の素スタジアム。ラグビーのワールドカップ(W杯)で2連覇中のニュージーランドと日本が激突した。ウイングの福岡堅樹(けんき)(26)=トップリーグ、パナソニック所属=が持ち味の俊足を生かしてライン際を駆け上がり、タックルをかわしてパスを出し、味方のトライにつなげる。31-69と試合にこそ敗れたが、福岡の胸には手応えと自信が芽生えた。「オールブラックス(ニュージーランド代表の愛称)相手に、トップリーグでできているプレーが出せた」

 4年に1度のW杯が今年9月、日本にやってくる。今や代表に欠かせない存在となった福岡は2020年東京…

この記事は有料記事です。

残り444文字(全文780文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  2. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

  3. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  4. ORICON NEWS 島耕作、会長退任で相談役就任 「役職は永遠のネタ」とネット上話題

  5. 「NHKと契約したら受信料は義務」政府が答弁書 スクランブル放送には否定的見解

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです