メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

医者志望ラガーマンの挑戦(その1) W杯8強にトライ

昨年11月3日のニュージーランド戦で相手選手をかわしながらライン際を突進する福岡=東京・味の素スタジアムで、藤井達也撮影

 土で汚れた「桜のジャージー」(ラグビー日本代表ユニホーム)が、戦いの激しさを物語っていた。昨年11月3日、4万人を超える観客で膨らんだ東京・味の素スタジアム。ラグビーのワールドカップ(W杯)で2連覇中のニュージーランドと日本が激突した。ウイングの福岡堅樹(けんき)(26)=トップリーグ、パナソニック所属=が持ち味の俊足を生かしてライン際を駆け上がり、タックルをかわしてパスを出し、味方のトライにつなげる。31-69と試合にこそ敗れたが、福岡の胸には手応えと自信が芽生えた。「オールブラックス(ニュージーランド代表の愛称)相手に、トップリーグでできているプレーが出せた」

 4年に1度のW杯が今年9月、日本にやってくる。今や代表に欠かせない存在となった福岡は2020年東京…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「堺筋」→「サカイ・マッスル」?大阪メトロ外国語版サイト「めちゃくちゃ誤訳」多数で閉鎖に
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. 特別支援学校の34歳教諭逮捕 小学生男児に強制性交容疑
  4. 男性から男児の性的被害、トラウマ深刻 元特別支援学校の教諭逮捕
  5. 教祖なき後に 地下鉄サリン事件24年/中 「神格化」警戒は続く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです