メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

減りゆく銭湯、魅力は? 住民の衛生守る低料金 寄席やライブ開催=回答・川畑さおり

「変わり湯イベント」で熊本県産の晩白柚(ばんぺいゆ)が浮かんだ風呂を楽しむ小学生たち=名古屋市で2月

 なるほドリ 町の銭湯(せんとう)がどんどんなくなっているんだって?

 記者 全国公衆浴場業生活衛生同業組合連合会(ぜんこくこうしゅうよくじょうぎょうせいかつえいせいどうぎょうくみあいれんごうかい)によると、記録が残る戦後では、最盛期(さいせいき)の1968年に全国で1万7999軒(けん)あったのが、半世紀後の2018年には2351軒になってしまいました。全国で最も多い東京都には今年1月現在(げんざい)で538軒ありますが、平均(へいきん)して毎月1~2軒のペースで廃業(はいぎょう)しています。背景(はいけい)には、一般(いっぱん)家庭での風呂(ふろ)の普及(ふきゅう)や経営者(けいえいしゃ)の後継(こうけい)問題があります。

この記事は有料記事です。

残り741文字(全文1057文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 即位の礼 海外も高い関心 中韓で生中継 韓国「憲法」「平和」に注目 即位礼で

  5. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです